新着情報

新着情報

選手退団のお知らせ

この度、3月31日をもちまして、#5宮澤千陽、#8菅原麻衣、#9和田法子、#16山本悠維、#19金田梨花の5名が

退団する事となりました。

チーム側とも話し合いを進めて参りましたが、本人の意思を尊重し、それぞれが新しい道へ進むこととなります。

入団から今日まで5名の選手への温かいご声援、誠にありがとうございました。

 

#5宮澤千陽

 去年の2月頃から浜松に来て、チームに帯同し、貴重なリーグ戦を経験してから1年間が経ちました。

全く知らない場所に来て、初めて親元を離れ、慣れない一人暮らしの生活と初めての仕事、すごく不安を

抱えていた私に、チームの先輩方や職場の方々、ファンの皆さまの支え、応援がすごく力になりました。

ありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

また予想以上の体力仕事や慣れない内容の仕事で頭や体力がいっぱいいっぱいで、

その後の毎日の練習、そして慣れない一人暮らしの生活は想像を超える大変さで、辛くて帰りたくなったり、

逃げ出したくなったりすることがたくさんありました。

それでもチームのメンバーを含め、沢山の方々に支えていただきながらこの1年なんとか過ごすことができ、

自分の成長に繋がったと思っています。

3月31日を持ちまして、ブレス浜松を退団することとなりますが、また新たなチームで再スタートして、

精一杯がんばるので、引き続き応援の程、よろしくお願いいたします。

 

#8 菅原麻衣

 ブレス浜松に入団して丸5年。本当にたくさんの経験をさせてもらいました。

 初めてブレス浜松の練習に参加した時、”家族みたいなチームだな”って思いました。これが、このチームに入団を

決めた理由でした。ここなら、やっていけるかもって。でも想像以上に仕事しながらのバレーは大変でびっくりしました。

大変だけど、その分イベントだったり、バレーボール教室だったり、市民球団として浜松市の皆さんやパートナーの方々、ファンの皆さんと交流する機会が本当に多くて、その時間が大好きで、もっと頑張ろう!このチームに入って良かったといつも思っていました。

 キャプテンを2年間務めさせてもらえたのもチームメイトとスタッフのおかげでした。何回も心が折れそうになったし、  嫌にもなった。それでもなんとか踏ん張れたのは、応援してくれる皆さんが居てくれたからです。本当に感謝です。

 新体制になって、新しいスタッフを迎えた今シーズンはバレーが本当に楽しくて、ワクワクが止まらない!

そんな感じでした。

 ブレス浜松で年数を重ねる度に、バレーボールに集中できる体制が整ってきているのを身に染みて感じています。

1年目の頃は、練習に選手全員が集まらないことなんてザラにあって、練習会場も市内の色んな体育館を転々としていたし、市外の日もあった。チーム内で6vs6のゲーム練習なんてできなかった。

 でも今となっては、ほぼ全員が体育館に集まれて、1ヶ所ではないけれど優先的に使える体育館もあって、選手の人数も増えた。練習のバリエーションも増えた。パートナーさんも遥かに多くなった。ありがたい事が溢れている。

 他チームに比べたらまだまだ練習環境は十分ではないけど、ブレスにいなければ、私はバレーボールに打ち込めることに本当の意味で感謝出来なかったと思います。そして選手である以前に一社会人として、なにも成長せずに引退していたかもしれない。

 たくさんの御縁に恵まれて、私は幸せ者です。

 私が私を信じるよりも、皆さんが私を信じてくれたおかげでやり切ることができました。最後のシーズンは怪我で終わってしまったこと、最後まで復帰を楽しみにしていて下さったファンの皆さんにとても申し訳なく思ってます。悔しいけど、

今の自分の決断に後悔はしていないです。

 今後は、違う形でチームに携わっていこうと考えてます。浜松にも残るので、ホームゲームも手伝うし、春華堂のニコエに来ていただけたら会えます!!!

 最後になりますが、5年間たくさんの仲間、スタッフ、パートナーの方々、浜松市の皆さん、ファンの皆さん、他チームのみんな、出会った全ての人に感謝申し上げます。

 ブレス浜松は私の誇りです。今後とも、ブレス浜松へのアツイご支援、ご声援をよろしくお願いいたします!!

大変お世話になりました。これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました!

 

#9 和田法子

 いつもブレス浜松の応援ありがとうございます。この度ブレス浜松を退団する事になりました。

背番号9番 和田法子です。

 2年間楽しいことばかりではなく、辛いことや苦しいことが沢山あったり、負けが続き悩んだ時もありました。

ですが、遠い所まで私達の為に応援に来てくださる皆様に元気をもらい、頑張ろう!と思うことがたくさんありました。

 感謝の気持ちを忘れずに、これからも謙虚に前に進みます。

 本当にありがとうございました。

 

#16 山本悠維

 この度、ブレス浜松を退団することとなりました。

2年間という短い間でしたが、私のバレーボール人生にあたりこの2年間はかけがえのないものと胸を張って言えます。

特に濱田監督が来てからの1年、何も知らない私に技術面、食事や体のこと、気持ちの面やその他にも

たくさんバレーボールプレイヤーとして大切なことを教えてくださりました。

毎日無我夢中でバレーボールと向き合えたからこそ、うまくいかず悩むこともたくさんありました。ですが、それ以上に

仲間と一緒に喜び合える、たくさんの瞬間がありました。

 ブレス浜松でのバレーボール人生、チームメイト、スタッフの方々は私にとって宝物です、コートに立って最高の仲間と

喜びあえたこと、悔し涙を流したこと、思い返せば言葉にできないほど私の中で濱さんのもとでバレーができたことは地球の面積より大きいです。それはこれからもずっと変わりません。

 ここまでくるにあたり、たくさんのご支援をしてくださったチーム関係者の方々、パートナー企業の方々、ファンの皆様には感謝しても仕切れない気持ちでいっぱいです。

 選手としては、チームを離れますが、永遠に私はブレス浜松のムードメーカーです!1番の応援者としてチームの健闘を祈ってます。2年間という短い間でしたが、本当にありがとうございました。

 

#19 金田梨花

  いつもブレス浜松に温かいご声援をありがとうございます。今シーズンでブレス浜松を退団することにしました。

いきなりの引退報告になり、申し訳ありません。そして【来シーズンも頑張ってね】という声にお応えできなかったこと

大変申し訳なく思っております。

 浜松に引っ越しして来てあっという間に2年が過ぎました。

この2年間で今まで経験できなかったことを経験させていただき、私にとってバレーボールをする以外にも大切なことを 築く2年間となりました。

 また社会人になっても毎日バレーボールと向き合い打ち込める環境があり、とても幸せな日々を送ることができました。

特に富士機工の会社の方には、バレーボールを一番に頑張る環境を作っていただいたこと、がんばるんや!といって

背中を押していただいたことに、とても感謝しています。

 また試合会場でもたくさんのファンの方に声をかけていただき応援していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

 人生一度きり、私は私らしく常に自分がどう在りたいのかを追求して、これからも沢山の人と関わっていきます。

そして沢山の人の笑顔をみれるようにこれからも頑張ります。

 応援してくださった皆様、支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。沢山の人と出会い、沢山の方に応援していただき、沢山の人に愛され、まちがいなく私はとても幸せ者でした。

 これからも私らしく元気に笑顔で一生懸命、1日1日を大事に過ごしていきたいと思います。

これからもこんな私ですが、応援していただけたら幸いです。

 またどこかで皆様に会える日が来ることを楽しみにしています。本当にありがとうございました。

ブレス浜松が行く!奥浜名湖観光マップ 応援自販機オーナー様募集
選手へ応援メッセージを送ろう!

OFFICIAL PARTNER

バナー広告