ブログ

ブログ

バレーボールの街

こんにちは!#8サラ(菅原麻衣)です( ˆoˆ )
暑い日が続きますね〜。最近、エアコンが効いた部屋と外の気温の温度差が気持ち悪く感じるようになってきました。歳かな?笑
夏バテしないように私は甘酒を飲んでます!!!!

さてさて。
Vリーグ機構主催のイベント「復興応援V.LEAGUEフェスティバルin陸前高田」に参加するため、陸前高田市に行ってきました!震災後に陸前高田市に行くのは初めてでした。テレビや新聞だけじゃ絶対にわからない、身に染みて感じるモノがありました。「奇跡の一本松」を最初に訪問し、実際に見たときは鳥肌がたちました。あの日から7年経っているのに、私が想像しているよりも復興は進んでいなくて、道路を走っている車はトラックや工事用の車がほとんどでした。





 

見学の後は体育館へ移動。今回は、陸前高田市総合交流センター(夢アリーナたかた)の開設記念イベントでもあるので、地元の小中学生対象のバレーボール教室を開催しました!
最初に感じたのは、皆すごい元気Σ( ´゚ω゚` )!!
楽しそうにバレーボールをしている姿を見て、私も楽しんで教室に参加できました!






2日目は参加したVリーグ選手が2チームに分かれてのエキシビションマッチ!
高田高校バレー部の皆さんが中心となって、精一杯応援してくれたおかげで開場が盛り上がって、良いゲームになりました!
私が参加したチーム「DREAM」が2−1で勝利しましたよ!





2日間を通して印象に残っていることは、陸前高田市の皆さんはいつも笑顔で、常に前向きな姿勢であることでした。戸羽市長がこう仰っていました。

"7年前に絶大な被害を受けて街は壊滅状態になった。復興に10年、20年かかると言われているけど、陸前高田市はバレーボールが盛んな街だから、どの公共施設よりもまずは体育館を子ども達のために建てよう。そして完成したのがこの「夢アリーナたかた」です。"

 

地元の小中高生、観客の皆さん、陸前高田市のバレーボール協会の皆さん。とにかく前向きで明るい。今出来ることを精一杯やっている、そう感じました。その姿勢は見習いたいし、私もそうなりたいと強く思いました!!!

復興応援として行ったのに、結果的に私が元気勇気を貰って帰ってきてしまいました。

浜松市の皆さんにも、「浜松はバレーボールの街だ!」とそう言ってもらえるようにもっともっと頑張らないと!!!!

そして、今バレーボールが出来ることに感謝。生きていることに感謝。全ての人、コト、モノに有り難みを感じたこのことを噛み締めていきたいと思いました!

以上、サラでしたっ!

ブレス浜松が行く!奥浜名湖観光マップ 応援自販機オーナー様募集
選手へ応援メッセージを送ろう!

OFFICIAL PARTNER

バナー広告